土台のライ角度調整は大切だけど?

当店へのお電話で、
「アイアンのライ角調整はいくらですか?」
「アイアンのライ調整は、今日、すぐできますか?」
といったお問い合わせは、まあまあ、あります。

店主は、
「1本1000円!」
「セットなら、基本は預からせて頂きます!」
って、お答えしております。

・・・このやり取りだけで話が終わる事は、よくよく、あります。

でも、
お電話での話が続き・・・、
「ライ角を調整しただけで、上手く打てるようになるのでしょうか?」
といった、(鋭い!)質問をいただくようなお話になる事も、ときどき、あります。

確かに、合っていないライ角度では、いくらシャフトのシナリが合っていようが、グリップが真っ直ぐに入っていようが、そのままでは上手く打てないでしょう!
反対に、ライ角度が合っていたとしても、シャフトのシナリが合っていないわ、グリップは真っ直ぐに入っていないようでは、これまた上手く打てないでしょう!

このような基本的な考え方として、
ライ角度調整をしたら、
何もしていない状態から比べると、上手く打てるでしょう!
しかし、やはり、
「なんで?」と悩んで気付いて頂かないと、根本的な解決には至りません!

「鋭い!!!!」
ご質問を、店主に多く頂ければと、願っております。

・・・と言いつつ、
当店としては、「まず」は調整して頂くと目先の売り上げになりますので・・・、とりあえずは、調整が上手くいっていないクラブを、お持ちください。
お預かりして、きっちりと、お客様それぞれに合わせた調整をさせて頂きます。

オネストが製作中のゴルフクラブたち, orderd golf clubs in HONEST

台無し。

お客様からのご相談がアリ。 バッグの中身の14本を診たり、 計測したり、 様々なクラブセットに出会います。 思うのは、誰一人として「...