衝撃の事実。

オネストでグリップの持ち方を見てみましたアイアンからドライバーまで製作させて頂いた多くのお客様とは、その後、年に数回ていどの微調整やグリップ交換などで、お会いしております。
それまでの間は、他のご用件でご来店して頂けなければ、ほとんどお顔を見ながらお話しすることはありません。
ご来店が無いという事は、製作させて頂いたクラブは「調子が良い!」・・・?のではと考えるしかなく、店主としては完全に受け身な状態です。
店主が、練習場やプレイ中のコースに押しかけ、「クラブの調子はいかがですか!?」とも言えず・・・。
全てのお客様にとって、一度の製作で「調子が良い!」のは理想です。
しかし、一度のことで理想が実現するのは、難しいのが現実です・・・。

時には、久し振りにご来店されたと思ったら、「ゴルフを続けられなくなったので、せっかく作ってもらったクラブなのだけれども、引き取って欲しい。」とのお話が・・・。

オーダーしたにも関わらず、結果が出ず、クラブを換えてしまった方もいらっしゃるでしょうね!

先週、2年前くらい前にフルセットを製作して頂いた方が、グリップ交換にご来店になりました。
これまでも、ちょくちょくとお会いしてクラブの話をしていましたし、お客様自身が上手くなろうと、練習し、トレーニングやレッスンに通い、ゴルフに真摯に打ち込んでいらっしゃいました。
ところが、もう、かれこれこれ5,6年はアプローチイップス状態ということで・・・。
どのように工夫をしても上手く行かないという事なので、試しに店内で打ってもらったところ、確かに上手くいかない!!? 現実がありました。
「いや、これは何かが間違っている??」と思い、細かく診ていると・・・、お客様のグリップの握り方に違和感を覚えました。
お客様のグリップを持つ手に、力が全く入っておらず、ゆるゆるな状態だったのです!
「グリップって、力入れたらあかんのやろ~?」と教わったとのことで、そのような状態を、5年も6年も続けていらっしゃったことがわかりました。

次に日、またまた、アプローチイップスに悩んでおられた方にお会いしました。
昨日と同じようにグリップを診たら、やはり、違和感が・・・!
お客様の握り方をじっくりと診て、それを変えてもらうと、その場ですぐに変化がありました。
このお客様は、10年以上もご自身に合わない握り方でアプローチに悩まされながらも、ハンデーキャップ5に到達された方です。
これまでは、「右手は握ったらあかん!」と教わったとのことでした。

(注:グリップの握り方は、その方に合った握り方があるため、誰にでも同じ握り方を強要できるようなものではないのです!)

当店で製作させて頂いたお客様の中にも、なかなか上手くならないという方がいらっしゃいます。
お客様のグリップの握り方を含めた、スイングに問題が存在することも、あります。
「スイングに間違いがなければ、結果の出るクラブに仕上げました!!」と、店主はお話しをさせて頂いておりますが、これは無責任なのでしょうか?
もちろん、何事にも慢心した気持ちで仕事をしてはならないと、常に気を引き締めての上です。

以前、お世話になっている先輩から、「あなたの作ったクラブには間違いないと感じている。だからこそ、あなたは、そのクラブの使い方も教えてあげなければ、もったいないぞ!!」的なことを諭すように言われたことを思い出しました。
クラブの使い方を、店主がお客様に教える・・・???

私に出来るかどうか?、新たな難題を呼び起こしてしまった気持ちでいる、今週の店主でした。

これは、永遠に埋まらないピース待ち!?

埋まらないピースを探して
今週は・・・、
当店に来てくれているプロゴルファー3名に。
さらに、アイアンからFWまでは何ら問題がないという状況のお客様、数名分のドライバーの調整や製作をさせて頂きました。

いろいろと、かなり頭を使う週となりました。
ドライバーって、「何で?」こんなに合うものを提供するのが難しいのか???
どうやったら「正解」を出せるのか?
プロでも、プロだから?正解は「ない」のか??
ドライバーだけは打つ状況も違うので、「特別な打ち方」が必要な別物なのか???
ドライバーも、FWの流れで直ぐに落ち着かれる方もいらっしゃるのに、どうも、正解率が悪いです!?

ドライバーに最も近い、3wや5wの各パーツの数値から推測するのですが、それが合わないと言われることもあります。
ドライバーと3wの飛距離が変わらない、という方や、ロフトが12度くらいのブラッシーを発売するメーカーもあるという事は、多くのゴルファーがドライバーを打ちこなせていないのかも?

いや、そもそもの選択肢が多すぎるのが問題なのか? とも?
5wが良いから3wを製作する場合の確率からすれば、かなり悪い正解率に感じます。
ドライバーに関しては、飛んで曲がらないというゴルファーの欲求が強すぎる?
ともなれば、ここは、店主の語りで「熱く」「説く」しかないのか?
「アイアンから!」を強烈にプッシュする専門店?だから、アイアンの正解率だけを気にかけていれば許されるのか?

正解率が悪い理由を挙げれば、いくらでも出てきますね~。
ようやくたどり着いた最後のピースを埋める方法が解れば、多くの悩めるゴルファーを救えるでしょう。

ここは、ゴルフ工房の店主として、根気よくやるほかないですかね!?

工房の役割って・・・?

近頃、シャフトに関しては「工房限定」と謳った商材が発売されるようになり、パーツメーカーは「特約店」??と名付けたショップに限りってその商品を扱うようになってきました。
新商品の案内で営業の方が来られたり、新商品のDEMO用シャフトが届いたりして、「見てください!!」と商品を見る機会も増えているのですが・・・。
実のところ、何とも言い難いのです・・・。

工房限定、特約店のみの販売・・・?
と言われても、店主が何か意見したことが反映された訳でも無く、試作段階を見ることも無く、「こんなのが出来ました~」と言われても、正直、コメントするのが難しいと感じます。
そのような中からでも、ピン!と来るハズの、店主の感覚が麻痺してしまったのでしょうか?
いや、心の中では「こんなのが売れる?売れればいいの?何がしたいの?現場が望んでいるの!?」と言ってそうです。

先日、お客様からとある記事を頂きました。
お客様から頂いた記事
記事は「2015年問題―日本のゴルフ市場を支えてきた団塊の世代が今年から続々70歳を迎え・・・」と始まり、大手メーカーのゴルフクラブが売れないといって騒いでいる内容でした。
大手メーカーに限らず、ゴルフクラブパーツ業界も、「工房限定!特約店のみで販売!」などで、盛り上がっているうちが「花」なのかもしれないですね!
なんとなく、ゴルフクラブ工房が、量販店化してくるような気がします。

今日のこの記事を書き終えようとした時に、こんな物も送られてきました。
中古のクラブを扱うお店?

安いから!でもなく、限定だから!でもなく、新品でも中古でもいろんな意味で、今のご自身の身の丈に合った道具を手にしてください。今、そして次の為にです!

上手くならないのは、入口が間違っているからです。

m4s0n501

オネストの下山のすすめ,honest練習場で一生懸命球を打っている割に、上手くならない・・・?
むしろ、打てば打つほど上手く行かない・・・?
藁をもつかむ思いで、レッスンを受ける・・・?
その場では上手く打てるも、また、上手く行かない・・・。
スイングが悪いのを棚に上げて?新しいクラブを購入する・・・。
そしてまた、新しいクラブを、練習場で一生懸命球を打つ・・・。
新しいクラブで上手く打てるが、他のクラブが打てなくなる・・・?
打てないクラブを売って、また、新たにクラブを購入する・・・?
書けば、いくらでもでてくるような・・・?

こんな悪循環から抜け出すためには、ゴルフバッグの中身の土台となるアイアンセットが、ご自身に合っているかを確認して、間違いがあるなら「正しいもの」にすることが、答えでしょう!

特に、
「アイアンには問題ないし~、ドライバーさえ真っ直ぐに飛べばスコアも良くなるのにな~・・・。」
とお悩みの方々に共通して、アイアンが「間違っている」ことを実感していらっしゃらない場合があります。
上達しない多くのゴルファーは、気持ち的に、これ以上進んでも頂上にはたどり着かないと感じてしまい、そのまま、正しい道を選べないでいるのかもしれません。
それに気づき、すぐに下山し、頂上に至る新たな入口を見つけませんか?

当店では、
頂上に至る入口付近で、
オネストでご用意している試打クラブ, honest test club
アイアンの試打クラブ

ゴルフギャレーヂの計測器, honest
機材
を揃えて、下山していらっしゃる皆様をお待ちしています。
皆様は、一式が入ったバッグを持って、ゆっくり?と下山して下さい。
山の下りは、時には足を痛めてしまうので、急がずに足を進めてください~。

時には、店主もいっしょに下山させていただきます!
早くのお気づき、そしてゆっくりの歩みで、確かな「入口」から始めましょう!

アイアンの試打に関して思う事

お客様からアイアンのお悩み相談を受けて、アイアンセットの製作開始に至るまでには、アイアンの試打をお貸ししています。
アイアンの試打をいろいろとしていだくと、お客様の反応は様々です。
お貸しする本数や内容や貸し出し期間も、その方々によって違います。

そのため、アイアンの試打クラブは増える一方で、整理しなければならないのですが・・・。
ついつい・・・、ついつい・・・・。

オネストで常備している試打クラブ

これだけあっても、お客様のご希望のシャフトやヘッドが揃えられないときもあります。

アイアンの試打クラブは、どのように用意するべきなのでしょうか?
店主もいつも考えていますが、実は、なかなか思うようにはいかないのです!
時間とお金があれば、もしかすると、思うようになるのでしょうがね!?

アイアンセット製作を重視する当店としては、じっくりと試打して頂く品を充実させるのは、当然のことです。
まずは、店主がお勧めする試打クラグを、じっくりと選んで、お試しください!!

アイアンセット調整、製作専門店にするべき!?

クラブの調整は、DIYに?
各メーカーが新商品を出す、嫌な時期です。
多くのメーカーが「ドライバーを可変式、ヘッドとシャフトをレンチで外せる、カチャカチャする奴」を、発売するようです。
ドライバーだけでなくFWやUTにも可変式が広がってしまうのでしょうか?

打った球が思うように飛ばなければ、ゴルファー自身が、レンチを持ち、「カチャカチャ」して、シャフト交換やヘッドのアングルを調整して、思うように飛ばそうとする・・・、
そんな光景が、当たり前になる時代が来るのでしょうか?

もしも、そういう時代になれば、
職人としては面白くない時代になりそうです!

アイアンが「カチャカチャ」できる時代は、まだ先のことでしょうから(?)、今の内に、アイアンセット製作専門店にしましょうか!???
手間が掛かり、仕事をしたという実感が「シッカリ」とあるアイアンセットの製作が、店主の持ち味です。
そしてこれは、お客様にとっても「シッカリ」とご納得頂ける逸品をお届けする、「力」でもあります。

ドライバーを「カチャカチャ」やってもゴルフが上手く行かない方・・・、
アイアンセットの調整、製作依頼、そしてご相談もお待ちしております。

プロの仕事ならば!

オネストの店主の腕
クラブ作りのプロとして様々な作業をやってきましたが・・・、
お客様の「足を引っ張る」ような作業をしたことがあるかを考えると・・・?
当然ですが、記憶にありませんでした!!

常に、技術料を頂くプロとして、お客様に良いと考えた作業をさせていただいております。

グリップ交換やアングル調整のような、素人さんにはとても簡単に見える作業でも、店主は非常に神経を使います。
プロの方であれば簡単な作業だとは思わないのですが、何故か、素人の方々はこれらの作業を簡単に思われていると、店主はよく感じます。

「グリップなんて、テープ巻いて挿すだけやろ~?」
「調整なんて、ひねるだけやし、すぐできるやろ~?」

もちろん作業の内容は、挿すだけ、ひねるだけ、です。
腕のいいプロがやればやるほど、これらの作業は簡単に見えるでしょう!
「簡単な作業」=「工賃」が安い作業ではなく、
「工賃が安い作業」=「誰でも出来る作業」ではない、こともあります。

持ち込まれたクラブを診て・・・、
交換済みのグリップが手のサイズに合っておらず、真っ直ぐに挿せていない!
調整したはずのアングルがバラバラ!と言うことも、よくある事です。
プロのクラフトマンに、いくらかの工賃を支払ってこうなったのなら、納得できないでしょうね!!

しかし、グリップを買ったら「工賃」は無料!
アイアンを購入したら「アングル調整」は無料!
だったとすれば、文句が言いにくくなりますか?
いや、文句も言えない!?

店主は、タダより高いものは、ないと思っております。
愛用のクラブの性能を落とす事にならないように、
簡単に思われるグリップ交換にも、どうぞ注意ください。
特に、バックラインの有るものには・・・、です!!

ナイススイング=ナイスショット、を求めて。

ナイスショットのためにアイアンセットの調整を終え、
「これでアイアンに関しては大きな問題もないですので、しばらくはアイアンを磨いて下さい!
もしも何かあるとすれば、ライ角の微調整くらいでしょうかね?
そうであれば、いつでも来てください!
他のクラブに関しては、アイアンを基準に打っていただいて、もしも、アイアンとは違う打ち方をしなければならない場合は、他のクラブをチェックしに来てください。」
と、お渡しして、とりあえず、店主はホッと胸を撫でおろします。

「しばらくは、このアイアンを打ち込んで、自分のスイングを作ってみます!!」
と言ってくださる方もいれば、
「そうやな、続きに他のクラブも診て~」
とせっかちな方もいらっしゃいます。
様々なスタイルの方が、当店にはお見えになっています。

お客様の他のクラブに「問題があるであろう!?」と考える場合は、クラブの数値を計測してスペック表を作る為に、それらをお預かりすることが基本なのですが・・・。
アイアンの情報を頭に浮かべながら、ウエッジ、UT、FW、ドライバーとバッグから出しながら診てみると、計測するまでもなく!問題が発覚することがあります。

触診段階では、アイアンセットの場合よりも、UT、FW、ドライバーのウッド系の方が問題個所が見えやすいですね!
例えば、
・シャフトの印字を見て、ドライバーよりUTのシャフトが軽い場合・・・
・フェースの向きが、FWだけ2度フックになっていたり・・・
・UTのグリップは細く、フックグリップで、フェースアングルは1度フックになってたり・・・
気が付かない方には、気が付かない部分かもしれません。
自覚症状が無い場合は、ご自身がクラブに合わせて打っている可能性が高いでしょうね!

アイアンセットを磨いてから、他のクラブの磨き方をお伝えできれば、店主は幸いです。

ナイスショットが出たから、ナイススイングが出来た訳では無いし・・・
ナイススイングしたから、必ずしもナイスショットが出る訳でも無いし・・・
ナイススイング=ナイスショットになるように、道具を磨きましょう!

良い落としどころは、どこに?

店主が直面した課題とは?1/14×14=1セットを揃え終えたお客様から、新たなる高みを目指すためのドライバーの相談依頼を受けて、真剣に考えました。
何をどのようにすれば、お客様のご意向に沿えるのか?と真剣に考えたものの・・・明確な答えが出せずに、
「申し訳ございません!ここは、何本かお金を使って作ってみて、試していきませんか!!?」
と正直に言ってしまう事もあります。

アイアン、ウエッジ、UT、FW、最後にドライバーを依頼して頂き、14本がとりあえず落ち着かれたお客様からの次の依頼の多くは・・・
当然ながら、
「今よりも、もっと飛んで曲がらないドライバー作って~」
です。

待っていましたとばかりに
「はい!!」
とすぐにお答えできると良いのですが・・・
ヘッドが高反発はNGということで、シャフトを伸ばして47~48インチで振りますか?もNGとなれば、もはや限界ではないのかと感じたりもしたりしてなのです。
それでも、お客様が望む「さらに、真っ直ぐに飛ぶドライバー」を探すべく、パーツメーカーの方々に話を聞いています。
それでも、納得の出来る説明が得られず、店主からお客様によいお返事をできることは少ないと実感しています。

もしかしなくても、お客様の期待通りのドライバーを作る事は、答えが見えない難題への挑戦なのかもしれません。
何か、道具ではない何かが必要なのかもしれません。

それに比べると、アイアンセットは、明確な答えに向かって立ち向かえる相手だと言えます。

その先に答えがあるか? 無いか?
いずれにしろ、基礎となるアイアンセットの落としどころを探すのが、まずは懸命です!

急がば回れ!

今週は、「1/14×14=1」の土台となる、アイアンセットの製作に追われていました。

ご注文いただいた製作中のクラブ, order made

土台であるアイアンセットについて、一度見直してみよう!と考えられる方々が増えてきたのか!?
アイアンセットの次は、ウエッジ、UT、FWと、順番に製作計画を建て、ドライバーは最後に製作計画を建てるべきと、お伝えしています。

ところが、アイアンセットの製作計画段階で・・・
ご依頼主から「このアイアンのシャフトからすれば、ドライバーのスペックはどのくらいになるのでしょうか?」
と言った、ご質問を結構頂きます。
皆様せっかちさん?だな~、と思います。
実は、店主もせっかちな方なので、次々と先を考えてしまう気持ちは、とてもよくわかります。
ですから、ご自身に合ったドライバーを、いち早く手渡したい気持ちがあるのですが・・・
「まだアイアンセットも出来ていないので・・・。まずは、アイアンセットを打って、ライ角度などに問題が無いか確認してから、順番に考えましょう!」
とお話ししています。

ドライバーさえ上手く打てれば、スコアが上がる!
とは、なかなかうまく繋がらないものです。

ピッタリと合ったアイアンセットで打ち込み、スイングを安定させてから、ドライバーも含めた他のクラブを選ぶ方が、どんな手法よりも早くて確実、一番の得策なのです。
これは、ぜひ、多くの方々に実感して頂きたいことなのです!

まだまだまだまだ、「急がば、アイアンセットから。」を、解説する日々が続くことを、ある意味、非常に嬉しく思います。

多くの方々に、実感できる喜びを。