痛まない、ゴルフを。

ゴルフクラブ最近、プロ野球の投手がプロになって間もない時期に、肩や肘の故障で戦線離脱することが多くなってきて、問題になっているという報道を多く見ました。
日本人メジャーリーガーの故障が話題になり、高校野球も終わった頃だったからでしょうか!?
詳しくは?ですが、専門家によると、アマチュア時代の「投げ過ぎ」が原因という事の様です。
要は、使い過ぎということでしょうか!?

野球もゴルフも、上手になるには、練習は必要です!!
しかし、その量と質が問題になってきます。
ピッチャーの場合は、高校時代に甲子園で投げ過ぎ・・・。
プロ野球に入り、投げ過ぎ・・・。
メジャーリーグに行き、投げ過ぎ・・・結果は若くして、故障。
沢山、練習すれば良いという事ではないようですね・・・?
彼らは、間違ったフォームで投げていた訳ではなかったと思います。
単に、使い過ぎたのでしょう!

ゴルフの場合でも練習し過ぎは良くないと思います。
故障に繋がるからです。
パターや、アプローチの練習は、し過ぎても、故障に繋がることは考え難いので、大いに練習してほしいものです。
心配なのは、ドライバーからショートアイアンのショットの練習量が多い割には、結果が出ない方々です・・・。
・ドライバーとFWとUTとアイアンのシャフトの重さ、硬さが合っていない!
・アイアンセットのライ角度が揃っていない!
・ドライバーはフックフェースなのに、FWはオープンフェース!
のような、方々は、ついつい練習量だけが増えてしまいます。
その原因は、同じスイングをしているつもりでも、球筋が一定しないためです。
同じスイングをして、球筋が一定するクラブセットなら、練習量は最低限で済みます!
合わないクラブで無理な練習・努力をして、身体を痛めてしまう前に、気が付いて欲しいと思います。

どんなスポーツでも、練習・努力と痛みは、セットではないからです!

的外れ過ぎ!?→80点へ!!

80点を目指しましょう!来店されるお客様の中に、時々ですが・・・、明らかに「的外れなアイアンセット」を持って来られる方がいます。
先日も・・・40歳代後半の男性、グローブのサイズが26cm、身長が185cm以上、体重90kgもあるのに、ライ角が市販品のまま(フラット過ぎる!)。
シャフトにはWeight65g S・・の表示が(軽過ぎる!)。
グリップも市販のまま(細過ぎる!)。

こんな的外れなクラブを10年以上前にショップ店員に薦められて、購入されたようです。
「S」の表示が救われます!?
今でも的外れなのに、10年前には、もっと的外れであったに違いない!
この10年間、向上心が強くあったわけでは無かったようですが・・・。
向上心、向学心があったなら、的外れなクラブにもっと早く気が付くはずですので・・・。
グリップ、シャフト、ヘッドが装着されているので、打てば後ろに飛ぶことも無く、クラブとしては、的外れの0点とは言えませんでしょうが。

多くの方々は、ここまで的は外していませんが・・・。
ど真ん中の100点には、ほど遠い、30点や40点の方々は多くいます・・・。
当店でオーダーしたからと言って、直ぐに100点とはいかないのも事実です!?

お客様の今のクラブを診る機会があれば、ご自身に合っていない箇所を指摘し、今後、どのようにすべきかを提案させて頂きます。
失礼な言い方かもしれませんが、ぜひ、聞く耳を持って修正させて頂ければ、店主の技術を用いて、80点、90点にすることは簡単です!
80点、90点のクラブで練習・努力をすれば、その後に結果が出てきておかしくはないのです。

的外れなクラブのままでは、間違いなく、練習・努力が無駄になるでしょう。

まずは、「80点」を目指しましょう!

20代のゴルファーを、歓迎したい。

「若者の○○離れ」などと言われて久しく、車ではなく電車、お酒ではなく清涼飲料水を求める若者が一般的になりつつあるのでしょうか?
「ゴルフなんて誰がするの???」
などと言われ、我々の20代の頃とは世の中変わってきたと実感している次第です。

確かに、今の20代は車に興味が薄いようですし、酒の量も少ないようです。
しかし、どんな時にも、どんな物にも、こだわりを持った若者は、いるのではないのか!?と、店主は探しています。
自分の足で歩き始めた20代ゴルファーの来店を、お待ちしています。
若く高い望みを抱いた人に、クラブ(道具)の楽しさ・大切さを、伝えます!

今、店主が若者に薦める軟鉄鍛造半キャビアイアン(国産)はコレです!

店主が20代にお薦めする軟鉄鍛造反キャビアイアンは、これ!上:和宏エンタープライズ「ミステリー913」

 

 

中:藤本技工「ビリーバー」

 

 

下:三浦技研「CB-1007」

店主が20代にお薦めする軟鉄鍛造反キャビアイアンは、これ!上:ソナテック「SS702」

 

 

中:エポン「AF-302」

 

 

下:三浦技研「CB-2007」

ゴルフの楽しさは?

ゴルフは飛ばすだけが、面白さではないです!誰にも負けない、ドライバーの飛距離が欲しいですか?
ゴルファーであれば、「No, Thank You」とは言わないでしょうね!
手に入るなら、何としてでも欲しいですよね!?

しかし、いくらお金を積もうが、いくら練習しようが、いくら筋トレしようが・・・、
ドライバーの飛距離というものは、なかなか手に入らないものですね!?
努力した割には、手に入り難いものですね!!

そもそも、アイアンで飛距離が出ない人が、ドライバーで飛距離が出るはずがありません。
PW(リアルロフト46度)で100yしか飛ばない人が、ドライバー(リアルロフト11度)で300y飛ぶなんて話は、いままで聞いたことがありません。
PWで150yを打てる人は、ドライバーで300y飛ばすこともできるのです。
貴方は、PWで何y飛びますか?

PWで150y飛ばす努力をしましょう!という話ではなく、割に合わない努力は止めて、割に合う事に限られた時間の使い方を使いましょう!という話です。
パターやアプローチは練習すれば上手くなり、プロ並みに上手くなれる可能性があります。
しかし、その実、練習しない方が多いですね!

練習環境が少ないのは事実ですが、探せば、作れば、あるはずです。
探す、作るという事も実力の内ですね!
アイアンショットも、練習すれば上手くなるはずです!
特に、シュートアイアンは、ゴルフはドライバーで遠くに飛ばすことが面白いのではなく、風を読み、傾斜を読み、ラインを読みながら、狙った場所にボール止める事が「面白い」と思うのです!

この面白さを体験する為には、クラブを仕上げておかないと出来ないのです!
多くの方々に、この意味を理解してもらうように、店主は、日々考えているのです。
どうしても、ドライバーの飛距離を競いたいのなら、しばらく、「ゴルフ」を止めて、ドライビングコンテストにでも参加してみては・・・??

でも、こんな事ばかり言っていると、ますますドライバーの売れない店になりますね!?
いいんです~ アイアンが売れれば~、と多少ヒネクレながら、日々ゴルフの楽しさを探しています。

バックラインはありましたか?

皆様のクラブに、バックラインは見つかりましたか?
見つけられたという事は、そのクラブはバックライン有り!のグリップが装着されているわけですね!!
バックラインの有り無し
バックライン有り無しのイメージ

バックラインが発見できないという事は、バックラインの無いグリップが装着されているため、360度、どこを握っても同じ感覚であると思います。
バックラインが有るグリップを装着されたクラブは、バックラインの位置が「間違っている」と、問題が起るかもしれません。
バックラインの位置が正しく真っ直ぐな状態とは、言葉だけで説明するのは難しいですが・・・
ヘッドのフェース面をターゲットに向け構えたときに、フェースの溝とシャフト軸線が平行な時に、シャフトの真下(真裏)に真っ直ぐに・・・・?????????
すみません・・・言葉で説明するのは難しく~(苦笑

バックラインが有れば、必ず、ご本人の手の中で握りやすい所、しっくりする場所があるはずです。
その場所は、その人によって様々なのです。
手の大きさやグリップの太さによっても違いが生じ、
指先で握る人・・・
グリップを余らして握る人・・・
本当に沢山のパターンがあるので、その場所を決定するのは難しいのです。
しかも、1本ではなく、パターを除いて、13本もの番手を揃えなければとなると!?
中には、ロングアイアンから、ショートアイアンにかけて少しずつフックグリップにして欲しいご要望も・・・!!

現在活躍中の有名なプロゴルファーは、
活躍前はバックライン有のグリップを使っていたようですが、
バックライン無しのグリップに変更してから、活躍したという記事を見たことがあります・・・
もしかすると、バックライン無しにしたことで、ひと手間省けたことがプレッシャーを減らしたのかも??

お客様にとっては、何が一番しっくりくるでしょうか?

あなたのクラブのグリップは、バックライン有り、無し??

オーダークラブの最終の製作の打ち合わせや、グリップ交換依頼などの時に・・・
店主はお客様に「グリップのバックラインはどうしましょうか?」
との質問をします。

多くの場合は、
お客様「無しが良いです!」
お客様「PWまでは有りで、AW、SWは無しでお願いします!」
店主「承りました!!」
と、話はすぐに終わります。

多くの場合とは、顧客様の場合が多いでしょうか。
今ではこのような会話で通じているお客様方も、当店に来られた当初は、チンプンカンプン???な方が多かったですね~。
初心者さんや、一回も自身で交換を依頼されたことのない方なら、何のことか分からなくても仕方のないことでしよう。
数回はご自身でグリップ交換を依頼されているに関わらず、
「バックラインの有り、無し」
を分かっていないというお話も、時折、伺うことがあります。

これまでにグリップを交換された工房やショップでは、「バックラインの話」は出なかったのでしょうか?
大型店であれば、陳列されてあるグリップの中から好みのグリップを選び、交換したいクラブと一緒に、レジに持っていき、
「交換したいのですけど?」
「それでは承ります。」で、終わってしまうから、なのでしょうか?

悲しいかな・・・・それで終わってしまうのでしょうね!!
グリップのバックラインという言葉を初めて聞かれた方は、大切なことなので、この機会に調べて、勉強してください!

と言って、終わりたいところですが・・・。
バックラインとは・・・
バックライン無しのグリップを装着されたクラブは、グリップしても、360度何処にも出っ張り(筋)が無い! ことを示しています。
バックライン有りのグリップを装着されたクラブは、グリップしたら、360度の何処か1ヶ所に、出っ張り(筋)があります。
この出っ張り(筋)が「バックライン」です。
知らなかった皆様、とりあえず、探してください!

このままでは中途半端な説明なので、
バックラインに関しては、次話に続きます・・・。

「上手な人」もお悩み中

「このお店に来るお客さんは、上手な人ばかりですよね!?」という事を、よく言われます。

スコア上手? 楽しみ上手?上手なお客様は、確かにいらっしゃいます。
上手になりたいと、上手なお客様も、いらっしゃいます!
プロの方も、いらっしゃいます!!
が、そんな人ばかりではありません。

何をもって「上手な人」なのか?ですが・・・。

謙虚に、「上手い人ばかりが来られるのですか?」とお尋ねになるお客様は、
ご自身のラウンド回数もそんなに多くなく、練習はするものの、ラウンドすれば100を切ったり、切らなかったり・・・、
と言った方が多いと感じています。
このように、上手かどうかの悩みを抱えた方々が、当店には多くいらっしゃいます。

強調しますが、当店には、「上手い人」ばかりが来られることはないです!!
むしろ、100を行ったり来たりの方々が多いのではないでしょうか!?
今は、100を行ったり来たりの方々や100を切ったことも無い初心者を、2,3年後には、「確実に上達したよ!成長したよ!!」とお言葉をもらおうと、企んでいる店主です。

同じ技術レベルのAさんとBさんを、想定しましょう。
同じだけラウンドし、練習量も同じくらい・・・、
間違ったクラブで3年過ごしたAさんと・・・、
間違ったクラブに気が付き、調整を繰り返しながら3年過ごしたBさんでは・・・、
どのくらいのレベルの差が出るのか? は、実験も出来ないので、スコアの差はどれだけ違うのかは??ですが・・・。
もしかして、スコアに大きな差は出ないかもしれません。
いや、・・・それが「ゴルフ」というスポーツなのです~。

しかし、Bさんは、クラブ調整を繰り返すことによって、スコアの上達を狙うだけではなく、人と会話し、思慮を重ね、いろいろな視点からゴルフをじっくりと楽しめたと思います。
そして、それに伴うご自身の成長を感じられるかもしれません。

「上手な人」という言葉は難しいと思います。
スコア上手も、大切です。
楽しむ上手も、大切です。

じっくりと「上手」になる人・なりたい人を、店主は応援します!!

完成へ、続く。

完成へ、続く。お客様に試打をして頂き、打ち合わせを経て・・・、
オーダーのアイアンヘッドを発注し、
1ヶ月の後に出来たヘッドに、
試打を繰り返し決定したシャフトと、
お気に入りのグリップを材料に、
長さ、
バランス、
グリップの太さ、
向き、
などを計算通りに組み立て、
クラブのスペック表が完璧な数値で埋まった時、
「完成した!!!」
と思います。

と、は、思いますが・・・。
その時点では、店主の側がクラブを完璧に仕上げたと喜んでいるだけなのです。
真に本当に喜ぶには、まだまだ時間が必要なのです。

大切なのは、依頼主のお客様が、
「このクラブいいね~!!」
と、納得して頂けるということなのです。

店主の言う「いいね!」は、お客様が使ってみて、使いやすい!という意味です。
ヘッドのデザインや、外観の事ではないですよ~。
この「いいね!」の意味も含めて、喜んでいただければ幸いです。
(もちろん、外観のお気に入り具合も、大切な要素です)

なので、お金を頂き、商品を渡したからと言って安心していられない店主です。
心から、お客様に本当にお伝えしたい「ありがとうございました!」は、
1年後や2年後に、遅れてやってくるもの、と、覚悟しております。

どうか、じっくりと、完成に向けてお付き合いください。

CM夏祭り!

この夏、いや、これから、目が離せないパーツ専門ブランドのCMです。
その名は、ソナテック。

当店が気に入ったのは、パーツの品質は勿論のこと、
「対面販売の信頼できる厳選したショップにしか卸さない!!」
という、メーカーの姿勢です!

メーカーが信頼できる厳選したショップというのは・・・。
素材の良さを崩さず、ユーザーに満足して頂けるクラブに組み立てて販売できるショップ・・・という事なのでしょうか。
当店も、この素材を生かす努力をしなければと考えています。

当店のような小さな工房では難しいですが、このメーカーがゴルフクラブ業界を変えてくれる力があると信じて、取扱いしています。

今のところは・・・
UTが2機種、アイアンセットが2機種、ウエッジが1機種です。
既にお買い上げ頂き、使用中のお客様からは、良い返事も頂けています。

これからのパーツの展開が楽しみですね!

興味を持たれた方は・・・ソナテック,sonartec

詳しくは、お尋ねください!


P.S. CMしておきながら言うのもなんですが~
静かに確実に広まってほしいブランドです~

グリップが未だに、軽んじられている

オネストでグリップを交換するには?「未だに」・・・と書いたのも、10年以上前にも同じようなことを書いた覚えがありますので・・・

未だに、ドライバーとアイアン、アイアンとウエッジのグリップの種類が違うというように・・・
種類が統一されていないセットをお持ちの方を、非常に多く見ます。

初心者ならまだしも、上級者でも多く見られることは残念ですね~。

初心者は上級者の真似をするものなので、上級者にはグリップにはこだわりを持って頂きたいと思っています。

グリップ価格は1本1,500円前後で、交換工賃(技術料)は500円と言ったところなので、パター以外の13本を交換しても、25,000円くらいです。
グリップの一部分だけが擦り減ってしまう方や、練習量、ラウンド量にもよりますが、アマチュアゴルファーが普通に使えば、1年は使えるのではないでしょうか!

1年に1回はセットでの交換をして頂ければ、気持ちよく使用できると思います。
1年にグリップ交換代としての25,000円は、贅沢でしょうか?
衝動的なドラーバーの新調やシャフト交換といった、確実に結果が出ないことに投資するよりは、確実に握りやすく、滑りにくくなる、グリップ交換をお勧めします。

勿論、種類や太さやバックラインの向きなどが統一された交換でなければいけないですが・・・
シャフトのバット径やテーパー具合は物によって違ったり・・・
グリップも口径があり、重量が違えば太さも違ったり・・・
シャフトが変われば、同じグリップを同じように入れても仕上がりが違ってしまうので、そこそこの技術が必要な作業になります・・・

統一したグリップでゴルフを楽しみたい方・・・お待ちしております!