フィッティング(寸法合わせ)までは良くても・・・。

たまに、お客様の中には、大手メーカーでアイアンのフィッティング?を受けてから、お見えなる方がいらっしゃいます。
そのフィッティングは、室内の打席で打ちながら、長さ、ライ角度、シャフトの重さ、硬さ、バランス、・・・などなどを決めているようで・・・。
ご来店になるときは、
「貴方には、7番のライ角度は6○度で、シャフトは○○で、ヘッドは当社の××がお勧めです!!」
といった診断書と、最後に5~pwの6本を組んだ場合の金額が書かれたファイルをご持参になります。

当店ではこの様な事はしていないので、ご興味のある方が行きたいと思えば、いろいろと面白いのでは?と思います。

フィッティングがどのような方法なのか?それが適切なのか?は、店主はお客様から伝え聞いたものなので、とやかく言うのは止めます!
仮に、それが素晴らしい方法で、お客様に最適な長さが決まり、バランスが決まり、ライ角度が決まり、ヘッドが決まり、シャフトが決まり、グリップが決まり・・・、
最後には金額が決まり、後は仕上がりを待つだけ! として。
寸法合わせまでは問題ないとしても、組みあがった状態の「セット」としてはどのような形になるのでしょうか?
寸法合わせした人が、組み立てるのでしょうか?
寸法を指示し、別の人が組み立てるのでしょうか?
指示されたバランスに合わせるために、また別の人がネックに異物を詰め込むのでしょうか?
グリップは、さらに別の人が装着するのでしょうか?
組み立てる工程に関わる人は、いったい何人いるのでしょうか?
店主には、疑問と不安が多々湧いてきます。

仕上がるまでにどのような工程であろうとも、何人が関わろうとも、組みあがったクラブセットに依頼された方が「満足!」すれば、何も問題はありません!
ところが、満足に至らないご様子でお見えになる方のお話をお伺いするのも、事実です。

当店は、店主が独りで働いている工房です。
そのため、お客様がご来店され、試打をお貸しし、打ち合わせをし、材料の仕入れをし、組み立てをし、仕上がったクラブをお渡しし、その後の再調整までも店主が独りで担っています。
独りだから良い!とか、悪い?とかではありません。
ただ、独りだから、当店で組みあげたクラブに問題があれば、その責任は全て私にあります!
だから、すべてのお客様に対する作業について、真剣です!!
お客様とお話をしている時も、かなり親身になっています!!?

大手メーカーの場合でも、一人一人が責任を負う事になれば、もっと「真摯」で「真面目」なクラブが世に出て来て当たり前だと思うのですが。
エンドユーザーには、組み立てる事の「重要性」を、もっと理解して欲しいです!
寸法合わせを終えただけでは、安心を得たのみです。
シャフトからいろいろ出てくる

オネスト オリジナルキャディーバッグ カラーバリエーション
HONESTオリジナルキャディーバッグ
詳細はこちらから

やってることは、ハチャメチャですよね!

顧客様がクラブの引き取りなどでご来店されて、店主から「最近、ゴルフの調子、クラブの調子はどうですか?」と始まり、気が付けば、長々とお話をしていることに気付くような日があります。
お話しすることも、当店の大切な仕事ですので!!

顧客様=店主の信者であるとすれば、当たり前の会話になりますが・・・、
顧客様は、周りのゴルファーがやっていることが、店主同様に不思議に見えてくるようになったという話になったりします。

周りのゴルファーとは、会社の上司、会社の同僚、会社の部下・・・友人、知人、ご家族・・・など・・・、
「会社の○○は、新商品のドライバーを打って、それが全然ダメやって、売って、また違うドライバー買ってるし~」
「友人の××は、クラブばっかり買い換えてるのに、なかなか上手くなってないし~」
「知り合いの▽▽は、合ったクラブを持ってレッスン習ったら、絶対に上手くなるのに~」
などから始まり・・・、
「あんだけ練習してるのにあまり上手くならないのは、クラブが合ってないに決まっている!!」
「あんなクラブで上手くなるはずない!って言ったってるのに、聞かへんから・・・」
「試打して早くアイアン作ったら!って言ったってるのに・・・」
などなどと。

上から目線な風な方も・・・上からはいけないと思いますが、そのお気持ちは分かりますょ~。
親しいからこそ、理解して欲しい、うまくなって欲しいという気持ちが湧くものです。

逆に、上手くなったら困るライバル的存在な人には、何も伝えていないのでしょうか!?
嬉しいやら、悲しいやら、そんなライバル的存在のハチャメチャな行動を笑ってしまうようなお話も、いろいろと耳にすることがあります・・・。

店主がハチャメチャなゴルファーだと感じるのは、
コースに出れば・・・
芝をむしり、
風を読み、
アゲンストだから大き目のクラブを持ち、
前下がりだからと、少し左を向いて構えたり、
前上がりだからと、クラブを少し短く持ったり、
確実に入れたい1ピン以内のパットだからと、ボールのラインをカップに合わせてフェース面もラインに合わせたり、
・・・などなどです。

ゴルフに取り組む姿勢は、一生懸命であり、勉強もされてであり、とても素晴らしいのに・・・、
いざ道具を診ると、グリップは真っ直ぐに装着されておらず、アイアンのライ・ロフト角度のピッチはバラバラ、と言う方々です!

まずは、平らな所から、どのクラブを打っても同じ方向に飛ぶというクラブ(道具)の軸を真っ直ぐにして欲しいです。
同じスイングをしても(スイングの軸が真っ直ぐでも)、道具軸が曲がっているなら、打ったボールも曲がっても、全く、不思議ではありません!!

オネスト オリジナルキャディーバッグ カラーバリエーション
HONESTオリジナルキャディーバッグ
詳細はこちらから

HONESTオリジナルキャディーバッグ

オネスト オリジナルキャディーバッグ カラーバリエーション

残数
ホワイト:1個 イエロー:1個 ライムグリーン:1個 グリーン:4個
ブルー:4個 ネイビー:2個 レッド:2個 バーガンディ:4個 ブラック:3個

販売価格:¥36,000-(税別)
別途費用:オウンネーム賜ります

注)在庫限りの商品となっております。売り切れの際はご容赦ください

アイアンを試打する理由は・・・!?

年が明けてから、数名にアイアンの試打をお貸ししました。
アイアンの試打をする「理由」は・・・、
(1)土台となるアイアンセットの「シャフト」を決める為
(2)土台となるアイアンセットの「ヘッド」を決める為
(3)土台となるアイアンセットの「ライ角度」を決める為
これら(1)(2)(3)以外にも、
グリップの太さや材質を確かめる為など、様々な事を決める為に貸出をしています。
一番多いのは、リシャフトやオーダーアイアン製作をするときに、バッグの中の土台となるアイアンセットのシャフトを決める為です!

オネストでは、ゴルフバッグの土台であるアイアンから!1回にお貸しする本数や期間は、依頼者によって様々です。
遠方でご来店が難しい方には、10本~16本以上を、2~3週間くらいかそれ以上で。
当店に比較的近い所にお住まいの方には、1回目(第一弾)として6~8本を1週間。
続いて、2回目(第二弾)として、1回目の気に入った数本と1回目にはお貸ししなかった物を合わせた6~8本を1週間、さらに、第三弾をお望みの方もいらっしゃいます。

本数は、偶数貸し出すことが多いでしょうか?
(それには、チョットした理由があります!)
試打をされる方には、事前に、試打のコツをいろいろとお伝えしています。

お客様のご希望で試打をされた後に、その全ての方からアイアンセットの製作依頼を頂くことは、残念ながらありません。
その時は、お客様に納得して頂けなかった理由を考え、いろいろと反省します。
お客様が、「よし、自分はこれでアイアンセットを頼もう!」と思って頂けるように、いい試打が出来て、いい選択、いい納得をして頂けるように、考えます!!

店主がお客様にアイアンを試打して頂く理由は、やはり、ご自身に納得いくアイアンセットを手にして欲しいからです。
そして、お客様がアイアンを試打する理由は、きっと、ご自身が納得できるアイアンセットを手に入れたいからだと思います。
両者の思いが同じあれば、アイアンセットは「確実に解ける問題」になります。
難問を解こうとせずに、解けるところから解いてしまいましょう!!

この寒い中、試打されている方々は、クラブに合わせるのではなく!あなたが主役で、頑張ってください!

2016年・・・未だに、グリップが軽視されています!!

新年、おめでとうございます。
ゴルフ工房「Studio four Golf HONEST(オネスト)」の店主です。

グリップ次第で仕上がりが変わることがある!, grip昨年を思い出してみると、
土台となるアイアンセットが合っているのか?いないのか?
といったお客様の「迷い」をお聞きする機会が増えました。
確実に、一昨年よりは多くなってきたように感じます。

今年も、お客様からの多くの迷いをお聞きして、解決に至る的確な判別をさせて頂きたいと思います。

「ライ角は合っているのでしょうか?」や
「シャフトの硬さや重さが合っているのか解らないので、試打を貸して頂きたい!」
というご相談を受けて、店主はお客様のクラブを見せて頂きます。
すると、直接見せて頂いたクラブの中には、お客様の懸念と異なり、
グリップが合っていない!!
事が結構ありました。

グリップのバックラインが無い場合は・・・太さが細過ぎる為に上手く打てない。
バックラインが有る場合は・・・細過ぎる上に、バックラインが真っ直ぐに入っていない為に上手く打てない。
自身のグリップにバックラインが有るのか?無いのか?も分かっていない方々・・・、
そもそもバックラインって?方々・・・、
失敗しない為に、知識は必要ですよ!

アイアンセットで言えば・・・、
ヘッドの重量ピッチが整い、
ネックに異物も無く、
アングルも揃い、
シャフトのしなりも一定に挿され、
穴に対し真っ直ぐに装着されており、
グリップ装着前の状態でバランスも揃っている。
ここまで申し分なく仕上がった状態のアイアンセットが、グリップの挿し方によっては、台無しになるという事があります!?

色や材質に拘るのも良いでしょうが、
太さや(下巻の回数)や挿す向きについて拘り、
次回、グリップ交換されるときにグリップを挿す方とそのあたりは相談ください。
(グリップ交換工賃無料!!などを謳っている店では相談しても意味ないかも!??)

店主が挿したグリップで疑問でしたら、いつでもそれをぶつけにお越しください。
技術料を頂いている以上、やり直します!!

相変わらずの内容ですが、本年もよろしくお願いいたします!