14年前から、何も進化していない!?

14年目の記事を・・・。
ウッドヘッドのソールの数字, the number of the sole of the wood club
(画像をクリックすると、読んでいただけます)
14年経った今、書き換えるとすれば・・・、

10行目の
350を420に・・・
400を460に・・・するくらいでしょうか!?
ウッドヘッドのソールの数字, the number of the sole of the wood club
確かにドライバーのヘッドは大きく進化したけど・・・、
ゴルファーの腕は、大きく進化したのでしょうか!?

オネスト オリジナルキャディーバッグ カラーバリエーション
HONESTオリジナルキャディーバッグ
詳細はこちらからオネスト オリジナルバッグアマゾンで買う

グリップのバックライン。

2016年も終わろうかとしているのに・・・。
未だ、グリップのバックラインの事を知らないゴルファーのお話を聞きます。
という事で・・・。

2003年の記事を拝借・・・。(画像をクリックすると読める大きさで表示されます。)
HONEST通信の2003年の記事より、「バックライン(リブ)を公開!」, honest, back line

13年前も、現在も、言いたいことはほとんど変わってないような!!

オネスト オリジナルキャディーバッグ カラーバリエーション
HONESTオリジナルキャディーバッグ
詳細はこちらからオネスト オリジナルバッグアマゾンで買う

本当に納得して頂くには、長い時間が必要になります。

「納得」って・・・?

他人の考えや行動などを十分に承知すること。

納得する。
納得していただく?
納得させる!?
・・・のは、難しいですね!

この仕事をしていて、良く思います。
来店される前にHONEST通信を読んで、まずはひとつ、製作してみようとご依頼になる方。
当店の顧客様に薦められ、しぶしぶ?、製作してみるかとご依頼になる方。
店主としては、どのような形であれ、お客様にご来店いただき、お互いにいろいろな話をさせていただき、試作してみようとご依頼になる流れが生まれることを、期待しております。
しかし、当然、そう簡単には・・・です!
アイアン重視の当店にとっての理想は、「アイアンセットから見直して、製作してみようかと思って来ました!」って感じの、いつも使っているクラブセットに疑問を感じたお客様のご来店ですが・・・。

どのような方であろうと、まずは、
「そこって、どんな店?」
「で、どんな店主??」
「そこの店主は、ちゃんとしてくれるの!??」
って、考えるのは、普通のことでしょう!

当店の場合は、商品を並べたショーケースは無く、打席もありません・・・。
なので、不安に感じるでしょう。
多くの方々は、「(高額?な)アイアンを製作したら、そんなに上手くなるの!???」と、疑問を感じるでしょう!
店主は、全ての方に、「アイアンを製作したら、直ぐに上手くなりますよ!!」とは、言えません。
ひとつ!、店主は、明らかに的外れのアイアンをお使いの場合には「アイアンを製作して頂ければ、必ず、上手くなりますよ!!」とは、自信を持って言えます。

ところが、店主は不安にもなります。
お客様に、一通りの説明をして、試打をして頂き、とりあえずの納得を頂いて、アイアンセットを購入して頂けても、この時点で、店主が確信していても、お客様に本当に納得して頂いたのではないのかも・・・、と思います。

全ては、「結果」です。
どんなに納得して頂こうと説明しても、製作しても、結果が全て!!
数ラウンドして、結果が出るまでは、本当の納得して頂けないのかと!!

「値は張ったけど、アイアン作って調子いいし、良かったわ~!(^^) 次のステージに進むには、ウエッジ?UT?どっちかな?? 何を、どうしたらいいかな?」
とのご相談を頂けた時に、やっと、店主は、お客様にアイアンについて本当に納得して頂けたと、確信してよいのでしょう!

お客様が、ゴルフを存分に楽しめるファイナルステージに到達するまで!
店主は、お客様に納得して頂けるクラブを提供し続けます。
とてもとても、簡単ではないですが・・・、店主の研鑽、お客様の願い、そして望まれる結果のために。

オネストのロゴ, Studio four golf, honest's logo

オネスト オリジナルキャディーバッグ カラーバリエーション
HONESTオリジナルキャディーバッグ
詳細はこちらからオネスト オリジナルバッグアマゾンで買う

パターのロフト。

今、ご使用中のパターの「リアルロフト」が何度なのか?を知っている、解っている方は、どれだけいらっしゃるのでしょうか?
もしかしなくても、それは少ないのではないでしょうか?

「パターにロフトがあるの?」
「パターのロフトって、ゼロでしょう!?」

別に知らなくても、使用中のパターが上手く打てているならどうでも良いかも??

「パターが上手な人は、知っているのかも!!?」
・・・という事は、知っていれば上手くなるのか!?
ならば、
「知っていても、損は無いでしょう!!!」

パターも長さやライ角度を自身に合わせた方が良いという事は、理解されている方も多くなったとは思います。
ところが、「ロフト角度を合わせる」という事については、まだまだ理解されていないのでは?
そのため、アイアンの様に、
・ロフトを立てれば、弾道が低くなって、飛距離が出る!
・ロフトを寝かせれば弾道が高くなり距離が落ちる!
って、説明では???って事に・・・。
52度のウエッジを、2度立てて、50度にすれば、弾道が低く捕まり易く、5ヤードくらいは飛ぶのは明らかです。
同じく、2度寝かせて、54度にすれば、弾道が高く捕まり難く、5ヤードくらいは飛ばないのは明らかでしょう。

パターの場合は、2度立てても、2度寝かせても・・・・違いが無いと思っている方も多いでしょうが、自身に合ったロフト角度に調整すれば、転がりが良くなり、入る確率が上がるかも!!?

どのように調整すれば、良くなるか?な、ベストな答えは、個人によって異なります。
これを機会に、良くわかっているお店に、パター持参で相談してみては!

オネストの計測機器はゴルフギャレーヂ謹製です, by Golf Garage
「良くわかっている」お店というのは、なかなか意味深かも!?
当店にはこの計測機器があり、店主はこれを用いて正確に測定いたしますので、安心です!

オネスト オリジナルキャディーバッグ カラーバリエーション
HONESTオリジナルキャディーバッグ
詳細はこちらからオネスト オリジナルバッグアマゾンで買う