誰も折れない

5Wとユーティリティー(UT)形の3Iのオーダーの依頼がありました。

3Iはお客様の希望のスペックで予定通り組み立てられたのですが、5Wは予定通りには行きませんでした。

あるパーツメーカーの5Wのヘッドを気に入って選択されました。

構えた顔形状はストレートに向き、癖の無いものであったのが好みにあった様でした。

希望のリアルロフトは18度前後でありました。

既にお使いの3Wはリアルロフトが14.5度であり、注文のUTの3Iはリアルロフトが20度でありました。

リアルロフトが18度前後であれば、中間のクラブに仕上がるであろうと考えたのでした。

選択したパーツはソールに番手とロフトが刻印されているものでした。

3W 5W 7W 9W 11W
15度 18度 21度 24度 27度

5Wを取り扱いのある代理店に注文しました。

到着したヘッドを計測したところ、リアルロフトが16度でした。

納得がいかず、再度注文した2つ目もヘッドは、リアルロフトが16.5度でした。

この時点でお客様には事情を話し、とりあえず、製作し打って頂く事になりました。

その後、代理店に質問しました。

「5Wを2個計測したのですが、表示ロフトとリアルロフトが違いすぎませんか・・・?

リアルロフト18度前後が欲しいのですが、もしかして?7Wでリアルロフト18~19度あるのでは・・・?」

答えは、「在庫の7Wを計測したら若干起きていますが、リアルロフトは20.5~21.0度の物が多いです。5Wを計測したら、かなり起きています。確かに16.5度くらいの物が多いです。」でした。

7Wで18.5~19度の物があれば解決できたのですが、それは期待できそうも無く・・・。

本日(6月16日)の段階では、代理店に5Wで出来るだけフェース角が0度で、リアルロフトが18度に近いヘッドを探してもらっている状況です。

同時に、お客様にも16度の5Wの結果を聞き、検討する予定です。

製造過程で規格との違いは出るものだと理解するところもあるので、メーカーや代理店の言い分も分るし、お客様の要望にも応えたいし・・・

「誰が折れれば丸く収まる!!」のでしょうか? お客様?メーカー?代理店? それとも、店主?

店主としては、無理に折るのは嫌いです。

だから、もう少し待ってみようと思っております。