思い込みは思い込み。

 シャフトの材質は、スチールとカーボンが良く知られています。

 ヒッコリー(木製)、アルミ、チタンといった材質が使われていた事もあったようですが・・・現在のアイアンクラブに使われているシャフトは、スチールかカーボンのどちらかと言って良いでしょう。

 数年前までは、シャフトの使用材質によって、ヘッド重量がハッキリと分けられていました。スチールシャフト使用の場合のスチール用、カーボンシャフト使用の場合のカーボン用、といったように・・・

 アイアンセット(4I~PW)7本をスチールシャフトで作る場合は、スチール用のヘッドが必要になりました。

 4番アイアンで247g前後、番手間のピッチが7gとし、PWで289g前後の重量のヘッドが必要となりました。

 カーボン用のヘッドはスチール用より各番手10g重たい物を使用する(使用しなければならない)と言われていました。

 このような事は、業界に居れば、知っていて当然の知識なのでしょうが・・・

 先日、カーボンシャフト(68g表示)装着の某国産大手メーカーのアイアンをお使いのある方が、言いました、

 「スチールシャフトにシャフトを交換したいんだけど、ダメみたいですね~」

 何故ですか・・・? 誰が言ったのですか・・・? の質問に、

「練習場内のプロショップの店員さんが・・・」

 なんと言っていましたか・・・? の質問に、

 「カーボン用のヘッドが着いているので、
 スチールシャフトに交換すると、
 バランスが軽くなるからできないし・・・
 (※注意、正しくは、重くなるから・・・
 もうこのクラブは今時のクラブではないし・・・
 最近は、もっと良いクラブがありますし・・・
 買い換えた方がよいのでは・・・」

 と言われました!と・・・

「カーボン用とスチール用はヘッド重量が違うので、カーボンからスチールへのシャフト交換はできない!」

 と、ショップ店員に言われると、ほとんどのアマチュアゴルファーは、「違うんだ~知らなかった~」と納得してしまうようです。

 しかし、特に最近は、カーボンシャフトとスチールシャフトの重量が同じ物もあれば、スチールシャフトでもカーボンシャフトよりも軽い物もあります。

 スチールと言えば、120gの重量が当たり前で、カーボンはスチールの重量よりも明らかに軽い物しかなかった、数年前とは違うのです!

 カーボン用のヘッドでも、軽量シャフトへのシャフト交換であれば、可能な場合はあります。

 このお客様の場合は、85gの軽量シャフトへのリシャフトを希望されていました。

 お持ちのクラブは、長さも少し長めであり、ネックでバランス調整をしているであろうし、ヘッド重量には問題ないと判断した為、バラしました。

 バラしたヘッドの重量は、

クラブ ヘッドの重量
4番 250.1g
5番 256.1g
6番 261.8g
7番 271.0g
8番 276.3g
9番 282.0g
PW 296.0g

でした。

 スチール用とカーボン用の中間の重量で、軽量シャフトには丁度良い重量でありました。

スチールとカーボン 長さ、バランスの出し方、グリップの重さや下巻の回数などで、何グラムのシャフトに何グラムのヘッドを使用するかは、ハッキリとした決まりはありませんが、無理な作業では無いと判断し、作業に掛かりました。
 
 既製品のカーボンシャフトが装着されたクラブでも、ヘッドがカーボン用の重量があるとは言い切れないのです!