誰の為の真実か・・・?

 昨年から、今年に入り、C社のパター(◎タイプ)の調整依頼が多くあります。

 そんなに売れているのでしょうか・・・?

 調整内容は、バランス、長さ、アングル、ヘッドの座り調整などです。

 調べたところ、◎タイプは、長尺を除くと、32,33,34インチの長さあるようなのですが、ライ角の規格は全て70度だそうです。

 その為に、ライ角度調整依頼が多いのでしょうか・・・?

 この10日間くらいで、◎タイプのライ角度調整の依頼が3件ありました。

 ◎タイプにはネックが存在します。

 なので、ネックを曲げれば、角度は変わるはずです。

 しかし、ネックの素材は軟鉄ではありません。

 過去に調整した記憶があったので、同じ様に調整を試みたところ、曲げにくい感じがしたので、折れてしまってはいけないと、確認の為に、C社に問い合わせる事にしたところ、

 「動きません!曲げられません!ネックの穴を大きく開け、シャフトの挿し方で変えるか、ネック上部のシャフト自体を曲げるしかありません!」と答えが返ってきました。

 同じ素材のC社の前のモデルは、簡単に動いたはずなのに・・・と、感じながらも、「これは、動かないです!」と言い切られると、お客様にも断るしかないかと考えながら・・・

 思慮を重ねても答えを得られない時に、道を示してくれる人が、私には、居るのです。

 それは、私がHONESTを開業する以前の2年間程、お世話になったゴルフギャレーヂの店主の中井さんです。

 (このときのお話は、いつか書く事が出来ればと思います・・・)

 今回も電話で中井さんに聞いてみることになりました。

 「◎タイプは調整出来ないのですか・・・?」

 「出来るよ~」

 「出来ますよね~」

 と調整のコツを教えて頂いたのでした。

 それから、難無く調整することが出来るようになり、3件の調整依頼も満足して頂けました。そのうちの1件は、東京のMDさんでした。

 その後、メーカーの答えに納得がいかず、再度、聞いてみることにしました。

 以前とは違う方の様で、その答えは、「◎タイプは、ネックで動かせます!」でした。

 メーカーを何処まで信頼したらいいのか・・・?

 全く違った解答では困ると感じながらも、C社の社員全員が、◎タイプが調整可能かどうかを知っているはずも無く・・・大手メーカーだから仕方が無いと、それ以上話はせず、「分かりました!」と電話を切ったのでした。

 とにかく、◎タイプは調整可能だと言う事が分かり、また、ひとつ勉強出来た事に感謝したい出来事になりました。

 信じる事が出来るのは、経験と自分の腕と、適切な言葉。

 悟るではない、今の思いではありますが・・・。