推測してみて下さい!

 良い仕事をする為には、良い道具が必要です。

 誤った機材で計測すると、誤った計測結果が生まれます。

 調整やオーダークラブ製作などを行う場合に、現状のお客様のクラブを手にとってチェックする事により、確実に解ることは、グリップの向きが正しく(全番手共通して)装着されているか?くらいのことです。

 ソールの傷やフェースの打球跡などを見て、持ち主のある程度の打ち方、球筋、癖などは判断できますし、シャフトを手で曲げてみれば、硬いか軟らかいかくらいは分かりますし、構えてみれば、ロフト角度、ライ角度の大幅な狂いはなんとか分かりますが・・・。

 もう、そんな時代ではないのではないでしょうか・・・?

 来店して頂いたお客様のクラブの数値は、各精密機器で計測し、スペック表に記入して、必ず、コピーして渡すことにしております。

 そのスペック表を見て、推測すれば、持ち主の様々な悩みや癖が見え、どのように修正すれば、良くなるかが見えてきます。

 最も、プレイヤーの悩みや癖が見えるのは、アイアンのロフト角(度)、ライ角(度)のスペックを見た瞬間でしょうか・・・

 では、下記のスペックから、どんなことが推測できるでしょうか・・?

番手 ロフト角
(度)
ライ角
(度)
ソール角
(度)
フェースプログレッション
角度 ピッチ 角度 ピッチ
3 19.5 58.50 計測
 
計測
 
計測
4.0 2.25
4 23.5 60.75
2.5 0.50
5 26.0 61.25
5.0 1.25
6 31.0 62.50
3.5 0.75
7 34.5 63.25
4.5 1.25
8 39.0 64.50
3.0 1.00
9 42.0 65.50
5.0 0.00
P 47.0 65.50
3.5 0.25
AW 50.5 65.75
2.5 0.75
SW 53.0 66.50

 長さは3番で39インチでAWまで、番手間0.5インチ短くなりAWとSWは同じ長さとする。

 上記スペックは、実際に持ち込まれたことのあるアイアンセットの数値です。

 当店の最も信頼できる右腕で計測しています!