ドライバーは1/14本に過ぎないのです!

 1ラウンド、18ホール中、パー3が4ホール、パー5が4ホール、パー4が10ホールというのが、通常のコースになりますが、パー3以外の14ホール全てのティーショットで200y以上先のフェアウェイをキープする事と、パー3の4ホール全てで1オンする事はどちらが簡単かと考えてみると、フェアウェイの幅やグリーンの大きさにもよりますが、ショートホールの4ホールを全て1オンさせる事の方が、簡単のように思うのですが・・・?

 ドライバーが真っ直ぐに飛ばない事よりも、ショートホールでアイアンショットがグリーンに1オンしない事の方が問題と考えるべきだと思うのですが・・・? ドライバーが飛ばず、曲がる事を嫌う方は多いようで、買い替えやリシャフトをする事を気軽に出来てしまうのは、やはり、ボールを遠くへ飛ばすことが楽しいのでしょうか・・・?

 ホームページ開設(HONEST通信発信)以来、「アイアンのスペックを計測してほしい!」と来店される方が多く、「まずは、土台になるアイアンから・・・・!」と言う考えを理解してくださる方が徐々に増えてきている事は嬉しく思います。

 しかし、ドライバー(1/14本)を持って来店され、「上手く飛ばない!」と調整を依頼される方がまだまだ沢山おられるという現実もあります。1ラウンドで、ドライバーを振る回数は多くて14回ですが、アイアンは何回振るのかを考えると、アイアンの重要性を感じてもらえるはずなのですが・・・?

 (1ラウンドの使用頻度からすれば、パターからの調整がベストですが!)

 14本中、土台になるクラブの本数は人によって違ってきます。女性やシニアの方であれば、ウッドの本数が多くなってきているので、アイアンの本数は減ってきますが、それでも14本中で一番多くの割合を占めるのはアイアンのはずです!

 この様な考えを理解して頂き、フルセットのオーダーや調整を済ませたお客様は、ドライバーに関しては、「もっと(今より)、真っ直ぐ、飛ぶドライバーは無いのか・・・!」と探し続けておられますが、アイアンに関しては気に入って(満足して)使用して頂けている方が多いようです。

 お客様に、「ドライバーが真っ直ぐ飛ぶようになった!」「コンペで、全てのドラコンをとった!」と言って頂くよりも、「アイアンがピンに向かって飛ぶようになった!」「全ての二アピンをとった!」との報告を受ける方が、なぜか?満足出来てしまうのです!