曲がらないのはネックです!!

 「飛んで、曲がらない?」といわれている市販のアイアンセットは、ヘッドに、チタン、マレージング、ステンレスなど素材が使われていることが多く、比重の軽い素材を使うことで「深&低重心」、「中空構造」、「オーバーサイズ」などにでき、軽いカーボンシャフトが装着された長尺の製品が多いようです。

 第8話で説明した様な、どうしようもないヘッドのほとんどが、上記のようなアイアンセットでした。ロフト、ライ角の調整はヘッドをつかみ、ネックを曲げるのですが、軟鉄鍛造品以外の素材は、簡単には曲げることができません。曲がらなければ、調整できず、どうすることもできません。

 スペック(ロフト角、ライ角)には、無限のパターンがあります。下記の表1は、その一例です。

表1.スペックの例
番手 PW
ロフト(度) 21 22.5 27 31 33.5 39 42 46.5
ライ(度) 58 58.5 61 61.5 63 62.5 62.5 62
長さ(inch) 39 38.5 38 37.5 37 36.5 36 35.5

(長さが3I~PWまで半インチピッチで短くなっている場合。)

 まず、ロフト、ライ角の番手間のピッチを計算すると、

(ロフト) 1.5 4.5 4.0 2.5 5.5 3.0 4.5
(ライ) 0.5 2.5 0.5 1.5 -0.5 0.0 2.5

 となります。仮に、5、6Iあたりが一番打ちやすいと感じていたとすれば、5、6Iを基準として他の番手、全体を見ていけば間違ったスペックがわかります。

 5、6Iを基準にロフト(距離感)について考えてみると、4,7Iは飛びすぎると感じ8I飛ばないと感じていたと考えられます。

 5、6Iを基準にライ(方向性)について考えてみると、3,4Iは捕まらず右へ、7Iは左、9Iは右でPWは左に飛んでいたと考えられます。

 3、4Iはロフトが起きているので捕まらないのではなく、5Iからするとライがフラット過ぎるので捕まりません。

 9IとPWのピッチが2.5度では同じ方向に飛ぶはずもありません。

 「飛びすぎる番手を飛ばないように。」「飛ばない番手を飛ぶように。」「右へ飛ぶ番手を真っ直ぐに。」「左へ飛ぶ番手を真っ直ぐに。」このように、無意識に道具に合わせたスイングをさせられているのです。

 ロフト、ライ角の統一されていない道具からは、一定のスイングは手に入りません!