長、重、振の三角関係(解答、解説)

 解答は下記の通りです。

番手 W1 W3 W4 W5
長さ(inch) 45.0 42.5 42.0 41.5
重量(g) 325 350 357 364
振動数(cpm) 265 290 295 300
バランス D1.5 D1.5 D1.5 D1.5

 アイアンとW1は触らずにW3,W4,W5の重量と振動数を表のように調整し直すと、14本の統一性ができます。

 クラブの重量は「短くなれば重く、長くなれば軽く。」

 クラブの振動数は「短くなれば硬く、長くなれば軟らかく。」が基本です。

 半インチ短くなれば6~8g重くなり、半インチ短くなれば5~7cpm硬くが目安になります。

 第5話のスペック表の重量は、W1を基準にするとW4はほぼ合いますが、W3とW5は明らかに軽いと判断でき,重くしてやる必要があります。振動数はW1を基準にするとW3は硬すぎるので軟らかく、W4とW5は軟らかすぎるので硬くする必要があります。

 スペックを計測し、長さに対して重量と振動数を調整していけば(バランスが同じという条件付)、振りにくい番手が無くなり、すべての番手が同じリズム、タイミングで打てるようなセットに仕上がるのです。

 もちろん、「長、重、振」だけではなく、他のスペック(キックポイント、トルク、重心距離など)も大切ですが、同じ設計のクラブであれば、調整しなくてはいけない最低限のことだと思います!

 注意「表の数字は誰にでもあてはまる数字ではありません!」